睡眠不足は美肌に影響する!

私が美容クリニックの先生に聞いた話があるのですが、クリニックに来院されるお客さんの悩みでニキビがあります。特に生理前のニキビに悩まされる問題が多いそうですが、次に多いのが寝不足の次の日にはニキビができるといった悩みだそうです。

睡眠不足になるとなぜ、肌が荒れやすくなるのでしょうか。それは色々な理由があるのですが、調べてわかったことを紹介したいと思います。

実感

睡眠中ではセロトニンと呼ばれる成長ホルモンが分泌されるそうですが、これは細胞分裂を盛んにして、身長をい伸ばしたり、傷を治すホルモンとされています。通常であれば寝ていれば、3時間の間に大量に分泌され、睡眠時間が6時間もあれば適量のセロトニンが排出されると言われています。

美容にもセロトニンと呼ばれる物質は重要で注目もされています。しかし、これは加齢とともに減少する傾向も見られています。低下すれば肌の再生能力が落ちることになるのです。

つまり、寝不足が続けばセロトニンの分泌が減少して肌に悪い影響を与えることがわかります。セロトニンの分泌量が足りないと老化も早まるとされていますので、毎日最低でも6時間の睡眠は確保するのが美肌のためには良いとされていますね。

美容のためには毎日同じ時間に同じくらいの睡眠時間を確保することが大切です。寝不足でニキビなどができる方は一度、しっかりと睡眠をとるようにしてみてください。肌の調子もよくなるはずです!